水道工事を指定業者に依頼することで得られるメリット

水道工事を指定業者に依頼することで得られるメリット 水道業者と名のついている事業者であれば、どのような修理も請け負ってもらえるというイメージがありますが、修理の種類によっては指定業者に依頼しなければいけないという法律が存在します。この指定業者について耳にしたことがある人もいるかもしれませんが、実際にはどのような業者でどういった内容を請け負うのか、はっきり理解している人は少ないでしょう。家を新築したり、改築する際に関わってくることであり、水道法で定められている内容となります。水道 工事における指定業者とは何なのか、また指定業者に依頼するメリットについてしっかりと学んでおくことが必要です。

■指定給水装置工事事業者とは

水回りの修理を請け負う会社のサイトで指定業者と記載されているのを見たことがある人もいるでしょう。この指定業者と呼ばれている業者は、指定給水装置工事事業者というのが正式な名前となります。名前を聞いてもピンと来ない方がほとんどだと思いますが、これはれっきとした指定給水装置工事事業者制度という国の水道法で定められた制度に基づいて指定されている事業者を指しています。通常、ある一定の条件を満たした事業者が各市町村に申請を行い、承認を得ることで指定されます。つまり、国のお墨付きをもらった指定業者という位置付けになるので、依頼する側としては、修理等を安心して依頼することができる業者ということになります。

■国に指定されたという証し
水道工事を相談する業者を探す際、広告のマグネットやちらし、インターネットから検索する等様々な方法がありますが、よく見てみると指定給水装置工事事業者という文字が記載されていることがあります。これは国の決める基準を満たして指定された事業者であることの証しとして明記しているものです。さらに、各市区町村の自治体のホームページにおいても、水道関連のページで指定業者の一覧を載せているので、指定業者を探す際には住んでいる区の自治体ホームページを検索すれば、簡単に対応可能な指定業者を見つけ出すことができます。これは簡単に信頼できる業者が見つかる大変便利な仕組みです。
水道工事は安さだけで選ぶ人も多いですが、契約を行った後に何らかのトラブルが発生するという事例も多いのが現状です。指定業者を選ぶことで、そのようなトラブル防止に繋がるので安心して依頼することができます。

■指定業者を選ぶメリット

水回りは毎日使うので、トラブルも起こりやすく、その都度慌てて業者を探すことになります。トイレの水詰まりやオーバーフロー、水漏れ等、様々なトラブルが起こった時でも、指定給水装置工事事業者という記載があれば、業者を選ぶ基準にすることができます。この場合のメリットとしては、修理にかかる費用、材料、方法等、法律に定められた基準となるので、安心感を得られるという点が挙げられます。何社も見積もりをとって比較をする手間も軽減できますし、ストレスなく修理の依頼ができます。水周りトラブルが発生した時は、初動対応によってその後の改善の良し悪しが左右されるので、非常に重要になってきます。業者選びを簡単にできるということは大きなメリットであると言えるでしょう。

■まとめ
一般の方には耳馴染みのない指定給水装置工事事業者とは、法律によって定められた基準を満たした業者だけが指定される保証の目安となります。それ以外にも、指定業者だけが請け負うことができる水道工事もあるので、家を新築したりリフォームする予定のある人は、ある程度指定業者についての知識を持っておくことが求められます。水道法に違反すると、給水停止や過料のペナルティーを課される可能性もあるので注意が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース